canonのプリンターインク

canonのプリンターインクを購入する方法を紹介

プリンターインクを安く手に入れる方法

メーカー品よりも代替品のほうがずっと安い

プリンターは使い捨てではないため、切れた場合は新しいインクを装着しなければ行けません。そのため、canonは自身が販売する製品に利用ができる交換用のインクを販売しています。いわゆるメーカー品といわれるもので、値段が高いのがネックになります。5000円のプリンターのインクが3000円以上もすることもあるので、高く感じてしまう方もいるはずです。もしも、コストパフォーマンスの高いインクが欲しいのなら、メーカー品を購入する必要はありません。メーカー品よりもずっと安い値段で販売されている代替品のインクがあるので、そちらを購入しましょう。

代替品を販売する会社は、カードリッジを新たに作っているところもありますし、canonの正規のカードリッジを再利用(カードリッジを回収して新たなインクを補充)しているところがあります。どちらにしても、外見はほとんど同じなので、不具合が起こる可能性が低いです。ただし、インクの内容はメーカー品とは異なるので、繊細な表現を求めるのならば注意が必要です。しかし、写真などの高クオリティを望むのでなければ、代替品でも十分に活用できます。コピー紙に文字やグラフなどを印刷するくらいなら、メーカー品と使い勝手はほとんど変わりません。

代替品を購入するなら販売会社をきちんと選定しよう

新品ではなく、中古品のカードリッジを使っている販売会社は、品質が低下している場合があるので気をつけましょう。もしも、安心して購入したいのなら、新品のカードリッジを利用した販売会社を活用したほうがよいです。それに加えて、保証が用意されているのなら、さらに安心ができます。残念ながら、正規品ではないカードリッジはトラブルが起きてしまうことがありますが、保証がついているのなら交換や返金をしてもらえます。1ヶ月程度の短い保証期間ではなく、1年もの長い保証期間を用意してくれる販売会社もあるので、できる限り長期間のところを選びましょう。なお、canonのインクを購入するのなら、まずは所有しているプリンターの型番を把握しなければいけません。型番によって装着できるカードリッジの形は決まっているため、間違ったものを選ぶとプリンターを動かせないです。もしも、型番の把握が難しいのなら、購入前に電話相談ができる販売会社を活用しましょう。電話をしてスタッフに意見を聞けば、どこを見れば型番が分かるか教えてくれるため、機械に弱い方でも問題なくインクの注文が行えるようになります。

人気記事ランキング